材料微細構造検査のための試料作製用機器・消耗品 株式会社ウィンゴー 製品紹介
ホーム > 製品紹介 > 自動加圧型研磨装置 FAS-2型

自動研磨装置

自動加圧型研磨装置 FAS-2型

操作は簡単、時間と圧力を設定するだけで自動的に研磨が進行します。FAS-1型のバージョンアップ機です。


丸印 MGシステムの採用により、ダイヤモンド研磨・琢磨が
可能です。

仕様

電源 単相 100/110V 50/60Hz
円盤 Φ200アルミMG円盤
盤回転モーター 0.4kW インバーター制御 0~300min-1
ホルダー回転モーター 単相 100V 60W 4P レバーシブル
60min-1 固定速
ホルダー加圧モーター 単相 100V 60W 4P ブレーキ付
加圧力 20~300N
外形寸法 W390×D715×H958mm
塗装色 N401(グレーハンマートーン)
重量 約90kg

標準付属品

・Φ200アルミMG円盤 1枚
・給排水ホース(継手付) 1式
・試料ホルダー(チャック式) 1個
・試料セット台 1台

オプション

・9” アルミ円盤  
・ルブリカント液自動滴下装置  
・ダイヤモンドスラリー自動滴下装置  
製品写真 製品写真

操作手順方法

1. 試料を試料ホルダーに取付けます。
2. 粗~中間工程は2~3工程として、MG円盤にディスクをセットします。
3. ホルダーを加圧軸に取付けます。
4. 研磨時間を設定します。
5. 研磨加圧力を(20~300N or 20~400N)の範囲内で設定します。
6. 蛇口を開いて水を滴下します。
7. 運転スイッチを押します。(ホルダーとディスクが回転を開始し、加圧軸が下降しディスクと接触して加圧されます。加重設定値になると自動的に下降が停止します)
8. タイマーが0になると研磨が終わりホルダーが上昇します。
9. 蛇口を閉めて下さい。
10. ホルダーを加圧軸より取外して研磨面をチェックし、再び取付け次の工程に進みます。ディスクは次工程のものと交換します。同じ操作を繰返し、粗~中間工程を行います。
11. 仕上げ工程は1~2工程としてバフ円板をセットし、研磨液を円板面に滴下します。操作手順は粗~中間工程と同じです。
(バフ研磨後は、素早く研磨面を洗浄し、乾燥機で乾燥して下さい)
お問い合せはこちら
PAGE TOP